稲刈りをしました**

”みんなで稲刈りやりた〜い”

 

天候に恵まれ、そばの郷Abuzaka農業部門とレストランスタッフで初めての稲刈りをしました!

稲刈りが初めてのスタッフ達は稲の刈り方・束ね方を丁寧に教わりながら…

楽しい♪

 

そばの郷Abuzakaの役員はみんな農家さんなので、昔はね…と昔話も聞きながらの作業。これがまた面白いのです!

稲の束をクルッと回し逆さまに立てる。こうする事で稲が早く乾き、少しでも軽く運べるんだそうです。人力作業が多かった昔の人の”知恵”です。

 

稲の束がたくさん集まったところで、今度は運び出し!

 

向かう先には。。。”はざ”

自分たちの手でやってみたかった

”はざかけ”!!!

 

”はざかけ”とは、組まれた棒に稲の束を掛け、ゆっくり天日で干す作業です。

ゆっくり天日干しをすることで最後まで茎の養分が米に行きわたり、旨みと甘みが増すんです!

ただでさえ美味しい新米ですが、はざかけ米はも〜美味しすぎて…別格なのです。も〜本当に美味しいんです。

この作業をひたすら繰り返し…

できました〜♪

農作業って一つ一つが本当に大変だけど、体験してみて改めて人の手で作られることの大変さ・大事さを学ぶことができたし、

作物への愛情や大切に美味しく食べてほしい気持ちを作業を通して受け取ることが出来ました。

本当に本当にいい経験になったし、スタッフみんな同じ思いでできたことがよかったです。

 

しばらくこの風景をご覧いただくことができますので、ぜひそばの郷Abuzakaに足を運んでみて下さいね♪